recomemo /

Profile / Resume 泉山 朗土 
触れられる未来 -touchable face and future-
先日のトークでも公開しました「触れられる未来 -touchable face and future-」の本年度ドキュメント動画を公開中です。また2012.3.09からドイツの古都ハイデルベルグのKUNSTVEREIN美術館にて、Sharing as Caring: Presence for the Futureという企画で、女川での対話工房の活動が紹介されます。
来年度も継続してこのプロジェクト(プロジェクトHPはこちら)は進行していきますのでその都度ドキュメントは更新して行く予定です。


4/4更新:
| ローカルデザイン | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0)
konya2023 archive「記憶と記録」展
福岡市大名の紺屋2023にて
ディレクションの一部と映像制作を担当しました”konya2023 archive「記憶と記録」展”が開催されました。
制作した映像は全部で10本で、トータル1時間くらいのインタビュー映像に、温故知新、様々な角度から福岡の街の記憶をシャッフル。
この展示はドキュメントではありますがアートでもデザインでもありません。第一次記録からのアーカイブ編集の新しい可能性であるとか、インタラクティブシステムの役割や映像の別な側面を提示させようと色々な挑戦をしてみました。
| ローカルデザイン | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0)
caesu展
アートリエにて僕が監修と映像制作を行った展示「caesu展」を開催しました。



開催主旨
 地域の財産を考え直すとき「東京ではない」は無視できない。東京と対比することで地域の特性を見いだしやすいからだ。だが、個人の活動を地域で行う最も大切な利点は、環境が生体に対して与えるアフォーダンスをより密接に感じることができることに有る。
 福岡は地理的特性からアジアの玄関口として、博多商人が海外との貿易に関わり、外来文化を広く受け入れ、独自の文化が発展してきた。現在も、福岡市周辺には2000 年の歴史を背景とした遺跡や史跡も数多く残る。 しかし交通機関の発展や、インターネットの普及などにより文化・情報の集積に地理的特性が無い現在、中規模都市である福岡が歴史を含め、環境について振りかえる機会は少ない。
 愛媛県松山市の40 キロ南、内子町。ここは、藩政期から明治期にかけて製蝋業で財をなした商家の町並みが保存され残っている。現在、製蝋業は途絶えているが、その当時の面影を活かした観光産業が盛んだ。また、改めて農山村の役割を見つめ直すことを目的として「村並保存運動」を展開。農業体験を楽しむグリーンツーリズムの取組みが進んでいて、旅行者だけでなく農業をするために移住してくる人も多い。
 本企画は、東京よりもそんな内子町という環境を選び、移住し、新たな試みを続けている布作家acomi を紹介する。acomi は世界中の蚤の市から着物やはぎれ、古着などを選び、集め、日傘や帽子などを制作している。内子町に移住してからの約2 年半の中で、真摯に土地と向き合う暮らしが制作自体のひとつであることを見出し、町内外の土地で制作を行っている。今回の作品は内子町と福岡に向き合い生み出したものであり、それを人々や自然に対し「かえす(返・孵・還)」という言葉をテーマにまとめている。同時に、彼らが作品を身につけた関係性を映像として紹介する。
 本展は作家個人のアフォーダンスを福岡/ 博多という町にインストールをすることで、新たな相互作用の出会いを目的に、福岡という環境の中で個人のアフォーダンスについて考え、福岡/博多の長い歴史をさらに紡いでゆくきっかけ作りを考えてゆく。
| ローカルデザイン | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0)
小鷺島ビオアイル計画
去年から撮影に関わっている「小鷺島ビオアイル計画」のウェブを
ようやくある程度の形としてアップ出来ました。
プロジェクトの実質的な中身はあまりこちらまでは伝わってきませんが
「エコ」という言葉に元気がなくなる今(笑)、新しい環境プロジェクトに期待しています。
| ローカルデザイン | 17:01 | comments(4) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE