recomemo /

Profile / Resume 泉山 朗土 
ベップ・アート・マンス -触れられる未来
先のドイツでの展示のベップアートマンス版。 最終日のトーク等を交えてそろそろプロジェクトメンバーの今後の意向も見えてきた気がします。

展覧会概要より抜粋--

宮城県女川町の方々に寄り添い、今を伴走させて頂いている「対話工房」の面々は、日本各地から集散する。女川での貴重な体験を各自が持ち帰り、その場の当事者として共に考える場を開くためです。今回は別府出身の写真家・草本利枝、福岡在住の映像作家・泉山朗土を中心に展示を行い、最終日に皆さんと対話の場を開きます。

会 期:2012/10/6-12

会 場:platform01

JUGEMテーマ:地域/ローカル

| アートの周辺 | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0)
糸島芸農-Itoshima Arts Farm-
5/5-11/4まで福岡県糸島市内でのアート系プロジェクトに映像出展しています。僕が関わっているのは二丈深江にある作り醤油屋”ミツル醤油”の取り組みを取材してビデオ上映しています。 今回の企画取材で、現在一般的な醤油の製造工程ではその大半を県内同業者で運営する共同工場で行い、諸味を搾った後の中間製品を仕入れて最終工程のみを各、醤油屋で行うという製法が一般的だと言う事を知りました。 そんな製造方法への疑問から来年、ミツル醤油では大豆・小麦・塩・水から全ての行程を完全に自社で行なった完全自家製の醤油が誕生します。今回の取材の中でその行程の一つ一つの中で糸島産の小麦や大豆を積極的に使うことなどから自己の環境に深く根を張る地域のあり方も垣間見えました。 来年どんな醤油の味が楽しめるのか今から楽しみでなりません。展覧会終了後に映像はアップしようと思っています。
JUGEMテーマ:アート・デザイン
| アートの周辺 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0)
Life Map -note-
JUGEMテーマ:アート・デザイン



2年前より関わらせて頂いているLife Map。今年度は震災後の東北に向かいました。
以下展覧会フィロソフィより抜粋。

--
 今回で5回目の開催となる企画展「Life Map」は、2011年12月に作家が被災地(宮城)へ赴き、現地の人々との出会い、コミュニケーション通して制作した似顔絵、絵日記と映像作品を展示します。
 震災から10ヶ月が経とうとしている被災地では、さまざまなボランティア活動が行われていますが、現在はコミュニティスペースをつくる動きが高まっています。それは、人と人が対話をする場の構築であり、その対話から他者とのつながりをつくる場であり、また、自らの役割を見出す場でもあります。
 滞在した6日間で、現地の方々からは「今では未来に向けての考え方しかしていない」と良く耳にしました。しかし、遠方にいる私たちは未だ「支援」というカタチで被災地を見つめているような気がします。このような状況を突き止めると、いわゆる「障がい者」と「健常者」と同じような関係に感じてしまいます。つまり、必要なのは「頑張ろう」という掛け声ではないということなのです。
 本展は「障がい者」といわれる人々の表現から、「人」や「社会」を主として開催している企画展です。今回は、従来の「福祉/障がい」と「社会」のアイダを超えた、人と人のアイダをつなぐことから“生きる”ことについて見つめなおす時間を提供したいと考えています。

□企画概要

【会  期】2012年2月4日(土)〜3月25日(日) 10:30〜19:30※会期中無休
【会  場】ギャラリー アートリエ(博多リバレイン 地下2階)
【主  催】(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市、NPO法人まる
【協  力】エイブル・アート・ジャパン
【参加作家】久門 裕子、柳田 烈(工房まる)
【映  像】泉山 朗土


工房まるLife Mapページ
| アートの周辺 | 11:35 | comments(0) | trackbacks(0)
九州アートゲート博多アートステージ Vol. 1 藤浩志「飛龍-青森からの旅-」
■アーティストトーク「つながるしくみ」の撮影編集を行いました。内容は下記の通りです。トークの内容はYoutubeにアップしています。
会 場:アミュプラザ博多3F  センターコート  
日 時:5月14日(土)14:00  話 手:藤 浩志  
聞 手:日沼 禎子(女子美術大学 准教授) 

九州アートゲート 博多アートステージ Vol. 1
展示期間 2011年 5月 13日(金)〜 6月 30日(木) 
主 催 :アミュプラザ博多 
企 画: 九州アートゲートプロジェクト
| アートの周辺 | 13:08 | comments(0) | trackbacks(0)
Life Map 2011

Life Map 2011開催されます。 今年もがっつり映像企画関わらせて頂きました。 下記、企画概要です。僕からのレビューはまた後ほど投稿しますがひとまず概要リンクまで。今回は特段にアートに関わる話と言う訳ではないので、この機会に是非いろいろな方々に見ていただきたいと思っています。


●企画概要

【会期】2011年2月11日(金)〜3月27日(日) 10:00-20:00※会期中無休
【入場料】無料
【会場】ギャラリー アートリエ (福岡市博多区下川端町3-1 博多リバレイン 地下2階)
【主催】(財)福岡市文化芸術振興財団、福岡市、NPO法人まる
【協力】エイブル・アート・ジャパン

【参加作家】
詩・朗読:濱野歩(工房まる)
映  像:泉山朗土
音  楽:湯山千景

| アートの周辺 | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0)
エイブルアート2010「Life Map」展
障がいのある作家の作品を展示するライフマップ展が紺屋アートリエで開催されました。

福岡での色々な人の繋がりの中から、2年前、工房まるの樋口龍二さんに出会いました。
その樋口さんから「今回映像を展示したい」と言う依頼で、展示会場内で上映する映像の制作させていただく事になりました。
ほんの少し作家の作品や考え方が分かる手助けになればと、僕自身活動してきましたが、この機会はとても貴重で良い経験でした。
以前から映像のなし得ることを考えてきましたが、今回は僕自身の目標に少し近づけた気がします。
| アートの周辺 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0)
福岡市文化振興財団アーカイブ展
福岡市文化芸術振興財団の10年間のアーカイブ展が開催されました。
僕は2005年からこの財団の色々な舞台などを記録しています。
それを含め今回、映像部分の企画制作を担当させて頂きました。
http://www.ffac.or.jp/news/324_index_msg.html
| アートの周辺 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0)
十年音泉
宮城県のえずこホールというところで
舞台映像と記録をしました。
ニブロールの矢内原美邦さんや音楽家の野村誠さんなど
ぼくからは手の届かない人たちと一緒に2週間過ごすことができて
たいへん有意義な経験をさせともらうことができました。

詳細
http://www.jafra.or.jp/j/library/letter/144/report.php

また、矢内原さんは一年前に福岡でニブロールの公演があった時に
舞台記録を作成させて頂きましたし、野村さんとも2004年に神戸で
同じプロジェクトに関わる機会がありました。
久しぶりにお会いしたのもあり、本当に楽しい2週間でした。
DVDはえずこホールでも販売しています。




| アートの周辺 | 19:44 | comments(0) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE